FC2ブログ
大人のためのクリスマス絵本
先日の絵本講座でも紹介した絵本
「モミの木」西村書店
クリスマスというと、やたらハッピーでにぎやかで、
サンタさんが登場して、みんな明るく楽しくみたいな絵本が
多い中、この本は異色の存在。
もみのき

原作がアンデルセンなんだけど、アンデルセンって
人生の不条理とかもの悲しさを語ってるんですよね~

この『モミの木』も、主人公のもみのきが、山で生まれて、
だんだんと成長し、もみのきの夢である都会の家に
飾られるりっぱなクリスマスツリーになって、
その後捨てられるまでを描いた作品。

もみのきの一生が、人間の一生を象徴してます。
若いころはあれやこれやと将来を夢見て、
現状に満足できないけど、年をとって振り返ってみると、
過去がそれなりに恵まれていて幸せだったことに気づく・・・

途中何度か出てくるせりふ「ここにいることを喜びなさい」が心に残ります。
結局、今この瞬間を楽しんで、生きろってこと。

なかなかこれが難しいです
どうなるかわからない未来を心配したり不安に思ったりして、
今を楽しめないなあ~
日常のほんのささやかなことを、1つ1つ楽しんでいける人に
なりたい

バーナデットの美しい絵とともに、
じっくりと考えさせられる絵本です。
スポンサーサイト



[2014/12/13 12:27 ] | 絵本紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<イベント2つ | ホーム | お楽しみDAY>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://erigrace.blog.fc2.com/tb.php/576-b75e9f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |