FC2ブログ
大人が絵本を読むことについて
先月始まったばかりの「大人が楽しむ絵本講座」ですが、
10月はちょっとお家の都合で、ストップしています

その間、私は大人が読む絵本について、いろいろな本を読んで
勉強していました

グレイスは大人のための絵本カフェとしてやっていますが、
もう10年目になるのに、未だに「大人が絵本読むんですか?」
と聞かれます

その質問に答えるために、絵本講座もやっているのですが・・・

先月の絵本講座でも紹介しましたが、
作家の柳田邦男さんが、「大人こそ絵本だ!」ということを提唱されています。

栁田さんいわく、人生で絵本は3度読むべきだと。
1度目は子供のころ、2度目は自分が親になって子供と一緒に、
そして3度目は人生の後半に自分のために。

絵本には生きる上で大切なエッセンスが描かれています
年を経て、いろんな経験をしたからこそ理解できる絵本の
奥深さがありますし、絵本を読むことで、救われたり、
支えとなる言葉をもらったり、大切なことに気づかされたり
することもあります

そんな絵本の深い魅力を、グレイスを通じて、伝えていけたらを
思っています

興味のある方は、柳田さんの著書を読んでみてくださいね。
「砂漠で出会った一冊の絵本」岩波書店
「大人が絵本に涙する時」平凡社


栁田邦男さんの本


スポンサーサイト



[2013/10/13 21:25 ] | Graceのこと | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ラッキーチャーム | ホーム | ぶたさんの絵本>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://erigrace.blog.fc2.com/tb.php/350-3dc3e940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |