FC2ブログ
 

50代から本来の自分へ  ~私らしく ありのままに~

エッセイを読んでいます

雨がよく降りますね~天気も悪いし、コロナ感染も気になるしで、なんとか気分を明るく楽しい方へもっていくようにしています

このところ、暇つぶしにエッセイを読んでいます

私は極度の近視に乱視、それに老眼も進み、飛蚊症まで加わって、最近は目が疲れるから長い小説は読めなくなりました

そのかわり、いろんな人のエッセイを、ちょこちょこと読んでいます。

人と会う機会が減っても、エッセイを読むと、著者の考えや思いに共感したり、学ぶこと気づくことがあったり、まるでその人と一緒におしゃべりしているような気持ちになれて楽しい!

先日は大好きな群ようこさんの「ゆるい生活」と「ぬるい生活」を再読しました。更年期のいろんな老化現象を面白おかしく書いてくれてるので笑えるし、漢方の話は参考になります。同年代あるあるがいっぱいです

昨日は小川糸さんの「針と糸」を読みました。
「ツバキ文具店」と「らいおんのおやつ」が好きな私に、友人が紹介してくれたエッセイです。

小川糸さんの母親との葛藤や、親子関係、ベルリンやラトビアでの暮らしなどが描かれていますが、
ところどころに、私と同じような考え方や感じ方があって、文章がすっと入ってきました。

夫婦二人暮らしに、ワンちゃんをむかえた話も、共感できたし、お手紙が好きなのもいっしょ。

ベルリンなんて、行ったこともないし、興味もなかったけど、日本との違いを読むにつれ、遠い外国で暮らすのも素敵だな~と思いました

今はコロナで県外に移動することすらままならない時期ですが、そんな閉塞感や息が詰まる感じからも解放してくれるようなエッセイでした。小川糸さんファンには、おすすめです。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)