FC2ブログ
ドラマ「僕らは奇跡でできている」
ここ数年、ドラマはあまり観ていなかったのですが、
この秋のドラマの中で、「僕らは奇跡でできている」が
私には興味深いです。


わりと地味なドラマですが、観ていて穏やかな気持ちになれるし、
毎回はっと、大切なことに気づかされます

簡単に内容をいうと、
ちょっと風変わりで世間の常識から外れた主人公
高橋一生演じる一樹(大学の生物学の講師)が、

周囲にいる人たち、例えば大学の生徒や、
通っている歯科医の榮倉奈々演じる育美
歯科医で出会った小学生虹一くんなどに
自然と関わっていく中で、影響や変化を及ぼしていく話。

私みたいに心理学に興味がある方や、
自分に自信が持てない人、自己肯定感が低い人、
にもおすすめ


世間体や常識にがんじがらめになっている人も、
一樹の発言から、自分の思い込みに気づけたりします。


第6話で、世間から見れば超エリートで美人で
うらやましがられるはずの歯科医育美が
真面目すぎる自分と、
その自分に嫌気がさしてることを
一樹に告白するシーン。

なぜかもらい泣きしました

自分に自信がないから、努力して頑張って、
医者になって、それでも足りなくて、
海外に留学までして学んで、

自分に自信がないから、
それでもまだ、もっともっとと自分にむちうって・・・・・

涙ながらに告白する育美に一樹が言ったひとこと。
「ずっと自分を責め続けてきたんですね・・・」

人目を気にして、みんなに気に入られたくて
無理な努力や頑張りをつづけていても、
自分で自分を好きになれなければ
苦しいですよね。

まずは自分を大事に
自分の本当の気持ちに寄り添って
自分を愛することが
一番大事なことなのです


先週の第7話は、もっと号泣したので、
次回まとめます
スポンサーサイト
[2018/11/25 13:57 ] | メンタルヘルス | コメント(0) | トラックバック(0)
<<何かができても、できなくても、そのままでいい | ホーム | 今年の私を支えてくれたもの>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://erigrace.blog.fc2.com/tb.php/1110-c0ae3058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |