FC2ブログ
日曜美術館「いわさきちひろの世界」を観て
昨夜NHKの日曜美術館「いわさきちひろの世界」を観ました

今年はいわさきちひろ生誕100年記念で、
今東京駅ギャラリーでいわさきちひろ展が開催されているようです。

番組でいわさきちひろさんの絵本が何冊か紹介され、
あの淡くて美しい水彩画の魅力について
あらためて知ることができました

もともとは今のような絵ではなくて、油絵や
荒々しい絵を描いていたことも知りました。

私はいわさきちひろさんの絵が大好きで、
以前からなぜこんなにも心ひかれるのだろう?と
思っていましたが、

・淡くやさしい水彩の色
・にじみを活かした幻想的な世界
・多くを書き込まず、さらっと簡略化した最小限の
 線と広い余白
・子供の表情のすばらしさ

以上がすべて好きなんだと気づきました。

それなのに、グレイスにはいわさきちひろさんの絵本が
一冊も置いてないことに、驚きました

安曇野の美術館まで行ったのに・・・・
一枚の絵画として楽しんでいて、絵本として
意識してなかったのだと思います

なので、今日は載せる写真もなく
近いうちに図書館に行って、ちひろさんの絵本を
見てこようと思います。

ちひろさん、55歳で亡くなられたのですね・・・・・

ちひろさんの人生も知って、やさしい絵の中に
なんとなく感じる悲しみにも、触れた気がします。


スポンサーサイト
[2018/08/20 11:51 ] | 絵本紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<色と心の不思議 | ホーム | 「ポスト舎」さんに行きました。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://erigrace.blog.fc2.com/tb.php/1080-79db4614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |