FC2ブログ
やっぱり、大人の絵本!
先日14日夜のピーパップという番組で、
「大人の絵本をやるよ!」と知り合いから連絡もらいました

見たことがない番組でしたが、
その日は京都のメリーゴーランドの店主、鈴木潤さんを
むかえて、大人の心に響く絵本を5冊紹介してました

私は大人絵本の専門家なので
5冊ともすでに知っていましたが、自分で読むのと違い、
人に読んでもらって、新たな気づきがあり面白かったです

まず、『このあとどうしちゃおう』と『いつもだれかが』
この2冊はグレイスの本棚にもあって、
これまでにも私のお気に入りとして、絵本の会で
紹介してきました

ビーパップ1

テレビでは、同じヨシタケシンスケさんの
『りんごかもしれない』も登場。

そしてあとの2冊は、私は本屋さんで立ち読みしたことが
ありますが、買うまでにはいたらなかった本でした。
昨日図書館で借りてきて、読み返しました。

ビーパップ2

『おとうさんのちず』
人は絶望の中にいる時も、夢や希望をもつことで
生きることができると教えてくれます。

『あな』
この本は、正直最初に読んだとき、
ただ穴を掘って中にすわって、埋めるだけの話に
私は何も感じませんでした

でも、今回テレビを観て、このシンプルな絵本から
読む人によって、さまざまな解釈ができるんだな~
と、わかりました

自分だけの穴を掘るって、どういうことだろう?
何かをすることによってしか見えない景色があるんだな・・・
どんな経験も無駄にはならないってこと?

その時の自分によって、いろんなメッセージを
受け取れるところが、大人の絵本の醍醐味かもしれません。
やっぱり、私は絵本が好きだと再確認しました
うちにある絵本300冊を、このまま眠らせていてはいけないな~と
思いました。どうすればいいか、わからないけど、
この絵本たちと、私の知識を活かしていきたいです。
スポンサーサイト
[2018/06/17 14:25 ] | 私の作品 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<四つ葉のクローバーに思うこと | ホーム | 朝から角野栄子さんにワクワク♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://erigrace.blog.fc2.com/tb.php/1066-2bb0f307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |