FC2ブログ
映画「しあわせの絵の具」
絵の友達から、素敵な映画があるよと教えてもらいました。
「しあわせの絵の具」
さっそく先日観てきました。
カナダでも最も有名な画家、モード・ルイスの人生を描いた作品。

しあわせの絵の具1

彼女の絵は、鮮やかで明るい色彩に、可愛らしい動物や花や
人々の暮らしを描いたもので、今回チケットを買うと
可愛いポストカードのプレゼント付でした

しあわせの絵の具2

でもいざ映画が始まってみると、モードはどちらかといえば
不幸な生い立ちで、リウマチの持病もあり、
親戚の家を出て、行く場所もない中、
気難しくて孤独で偏屈な男エベレットの家の家政婦として働きだします。
このへんの彼女のたくましさや行動力もすごいです!

わずか4メートル四方の貧しく汚い家で始まった
孤独な男との生活。
そんな中でも、モードは絵を描く喜びを捨てずに、
小さな家の壁や家具や窓に、たくさんの絵を描きます

最初は頑な態度だったエベレットも、しだいにモードの絵の才能を認め、
協力的に支え、2人は結婚するまでに・・・・

この映画を通して、「どんなに不幸な環境や状況でも、
自分が好きなことに夢中になって、自分なりの幸せを見つけることは
できる」と教えらました。


それにしても、貧しい小屋とその周辺だけの暮らしの中から、
しかもリウマチの不自由な体で、
モードがあんなにも明るくて色鮮やかな美しい絵を
たくさん描いたことに驚嘆します!

彼女のすばらしい創造力からうまれた絵には、
なんともいえない温かみと幸福感が感じられて、
エンドロールの流れる中、
彼女の作品の数々に感動しました

絵がお好きな方には、おすすめの映画です。
スポンサーサイト
[2018/05/23 16:59 ] | 映画、DVD、TV | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アマリリスのお花 | ホーム | イラストレーター ナシエさんのトークショー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://erigrace.blog.fc2.com/tb.php/1056-c6e0b512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |