FC2ブログ
甲斐みのりさんの「田辺めぐり」をたどって・・・
私はエッセイストの甲斐みのりさんのファンです
その甲斐みのりさんが、以前から和歌山の田辺の街を
気に入ってくださって、田辺市は甲斐さん文・監修の「田辺さんぽ」の
冊子を2冊も発行しています
これって、驚きですよね。しかも冊子は無料
この冊子自体がセンス良くて、素敵です

甲斐みのり冊子

今回同じく甲斐さんファンの友人が、
「甲斐さんとめぐる田辺の街めぐりツアー」に参加してきました。

私は参加できなかったので、先日その友人から話を聴かせてもらったり、
冊子をいただいたりで、田辺に行きたい気持ちが高まって

昨日爽やかなお天気に誘われて、
夫と車で行ってきました
甲斐さんの「田辺めぐり」の冊子を持って。

和歌山にずっと住んでるのに、田辺市は初めて

まずは、素敵な洋館のパン屋兼カフェ「ララ・ロカレ」さんから
ララ・ロカレ1

白い洋館建築もおしゃれですし、パスタランチもとても美味しかったです
焼き立てパンがずらりと並んでいたので、
おみやげにいくつか買いましたが、それもおいしくて満足
パスタ

次に訪れたのは、「南方熊楠記念館」と旧居
南方熊楠さんは、歩く百科事典とよばれた学者さんで、
複数の言語を操り、海外を転々とした後、
37歳で田辺に移住して、生涯研究に没頭したそうです。

記念館の隣に、広い庭に囲まれた旧居があり、
熊楠さんが実際に暮らしていた書斎やリビングが
公開されていました。

熊楠旧居1
熊楠旧居2

この旧居の雰囲気がとても落ち着いて、
平日のせいか夫と二人きりで、草木を眺めてくつろぎました。
とても偉い学者さんだけど、牛肉が大好きで毎日食べてたとか、
甘いもの、特にあんぱんが好きだったとか、猫好きとか、
彼の人柄も知って、縁側にすわっていると、
彼の声が聞こえてきそうな不思議な感覚でした。

熊楠旧居3

このあと、闘鶏神社と、雑貨屋さんとカフェに行ったのですが、
それはまた明日書きますね。お楽しみに
スポンサーサイト
[2018/04/27 13:03 ] | おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<田辺めぐりの続き | ホーム | 昨日は数秘のお客様>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://erigrace.blog.fc2.com/tb.php/1049-392e142e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |