FC2ブログ
 

50代から自由な自分へ  ~私らしく ありのままに~

京都~ゴッホ展とターナー展

一泊で京都に行ってきました
ゴッホ展とターナー展を観るのが目的。

初日が春一番の大荒れの天気で、行きはくろしおで行くはずが運休となり、
結局往復共に、京阪を利用。くろしおは嵐になると止まるので、出鼻をくじかれる感じに

今回は体調が良くないまま出かけたので、
とにかくあまり欲張らずに、二つの美術展にしぼって見てきました。

ゴッホ展


初日のゴッホ展は、昼ごろ到着して入ったのですが、
予想をはるかに超えた大混雑!
4日で終了ということもあってか、平日なのに全然ゆっくり見れませんでした。

お決まりの音声ガイドを借りて、浮世絵はすっとばして、
ゴッホの作品だけを丁寧に鑑賞してきました

50代になって、音声ガイドは必須になってます。
薄明りの中では、絵の解説文がすごく読みづらいし、読もうとすれば、
前まで行って、ずっと読んでなきゃいけないでしょう?

音声ガイドは解説文の内容を語ってくれるし、クラシック音楽も流れていたりして、
絵から離れていても、よくわかるから、絶対におすすめなのです

ゴッホというと、有名な「ひまわり」とか色彩の派手な
作品をイメージしていましたが、
今回の展覧会のテーマは、
「ゴッホがいかに日本の浮世絵の影響を受けていたか、
そしてどんなに日本の風景に憧れていたか」だったので、

印象派的なやさしい色合いの風景画や、
浮世絵を取り入れた画風の作品もあり、ゴッホのいろんな面を
知ることができました

見応えはありましたが、ふだん人が少ない和歌山で
ひっそりと暮らしているせいか、狭いスペースに大勢の人が
いると、なんだか異常に疲れました。年のせいかな~

そのあと、昼食後、「誠光社」さんという個人書店さんと
たまたま歩いていて見つけた可愛いカフェで
おいしいケーキを食べて、ホテルへ。

あらかじめ行きたい場所を調べて行くのも大事だけど、
ふらっと偶然見つけたお店が当たりだと
すごく嬉しい

世間で評判の店もいいけど、
自分が見つけて自分がいいなあと思う店は、
案外評判の店とは違うことがあります。

二日目のターナー展については、明日報告しますね。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)