FC2ブログ
喜楽に生きる?
昨日書店で立ち読みしていたら、
なるほどな~と思う言葉と出会いました

喜楽に生きる(気楽じゃなくて、喜楽)

人の感情の喜怒哀楽から、怒りと悲しみを捨てて、
喜びと楽しみの感情で生きなさいってこと。

これって、とっても難しくないですか?

本によると、怒りと哀しみの感情は
放っておいても、自然とわいてくるもので、
喜びと楽しいという感情は、
自分で努力して見つける必要があるということでした


なるほどな~と、納得しました。

確かに、怒りや哀しみの感情はふとわいてきてしまう。

そちらの感情の波に飲み込まれないように、、
私は意識して、努力して、ささやかな喜びや
楽しみを探しています。

日常の中で、喜びや楽しみといっても、
そんな大きなものは見つからなくて、
散歩してきれいな花を見つけたとか、
ピアノのレッスンが楽しかったとか、
お手紙の交流とか、
好きなドラマや映画に出会えたとか、
おいしいものを食べたとか、
新しい人との出逢いとか、

そんな小さな幸せのかけらを
一生懸命かき集めて、
なんとかやっているのです・・・
それを発信してるのが、このブログ

先日絵本展に来てくださった友人おすすめのエッセイ。
かわいいイラストとなつかしい昭和の思い出。
これも小さな幸せのかけら。
いとしいたべもの
スポンサーサイト



[2019/06/12 11:54 ] | メンタルヘルス | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |