FC2ブログ
「大人になってやめたこと」を読んで
今日は雨で少し暑さがましですね。
先日からの夏日で、なんだか体がだるく、
何もしてなくても疲れます

以前の私なら、じっとしてるのが苦手で、
とにかくどこかへ出かけないと落ち着かない性格でしたが、
50代に入って、無理して出かけることがなくなりました

先日から読んでいた一田憲子さんのエッセイ
「大人になってやめたこと」


一田さん


一田さんは私が大好きな「暮らしのおへそ」のディレクター。

「暮らしのおへそ」では、いろんなことをされている人の
暮らしぶりや考え方、大切にしてることをインタビューして
記事にしている一田さんですが、
今回のエッセイは、一田さんご自身が50代になって、
考えや価値観が変わってきたこと、
やらなくていいことと、やめてしまったことを書いた本です。

私が最近感じていたことや気づきはじめたことと
似ていて、「そうそう、そうなんだよね~」と共感しながら
読みました

若い時は目標をたてて、それに向かって頑張って
結果を出そうとして、それが終わるとまた満足できなくて、
もっともっとと自分を駆り立てていた・・・・・・

でもここにきて、そんなことより、
今目の前にあることを大事に丁寧に楽しむ方に
価値観が変わったような気がします。

体力や気力の低下もあるだろうし、
みんなが行くからとか、みんながいいと言ってるからじゃなくて、

自分の本当の気持ちに従ったら、
絶対にやらなきゃいけないとか、~すべきなんてなくて、
やらなくていいことがたくさんあるな~って。

そして、みんながやらなくても、
自分がやりたくて楽しいと思うんだったら、
それは大事にしたいと改めて思うのでした

今回の絵本展のテーマも、
そんな心の変化から、生まれたものなのですよ
スポンサーサイト



[2019/05/14 13:02 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |