FC2ブログ
「メリー・ポピンズ リターンズ」観てきました。
先週の話ですが、「メリー・ポピンズ リターンズ」を観てきました。

ちょうど時間があいたので、何か心が明るく楽しくなる映画
観たいと思って・・・

メリー・ポピンズ

なんだか人が死ぬ話とか、死にたがってる話とか
多いですね~

猫の映画も癒されそうですが、犬派なので、
もう「メリー・ポピンズ リターンズ」しかないって感じで選びました

前回「プーと大人になった僕」で、吹き替え版を観て失敗したので、
今回は字幕で観たかったけど、昼間は吹き替え版しかなくて
日本語吹き替えで観ました。

でも、これが予想以上に良かったです
主演のメリー・ポピンズの吹き替えが、平原彩香さんで、
彼女の抜群の歌唱力に感動

そして、メリー・ポピンズの上品で凛として厳しく
そして時にはチャーミングな人物像が、全く違和感なく演じられていました。
声がぴったりでした。すごいです!

お話の内容も、ディズニーなので、最後はハッピーエンド。

ファンタジーでありながら、大人の人向けの
人生で大切なメッセージもいろいろと織り込まれていました。

特に母親を亡くして寂しさを訴える3人の子供たちに、
メリーが優しくうたいあげる「幸せのありか」
胸にじ~んときて涙がでました。

「この世に消えてしまうものなんてない。
たとえこの場所にいなくても・・・・」

歌は日本語版で聴いて、良かったかもしれません。

大切な人を亡くした方は、ユーチューブで
平原彩香さんの「幸せのありか」を聴いてみてくださいね。

それから、人生で絶望に陥った時には、
街灯に火をともす男たちが歌う、「心に小さな火をともせ」
心の持ちようを教えてくれました。

すばらしい歌と音楽、そして
カラフルな世界にどっぷりはまりこんだ2時間。
最後に風船につかまって、空に舞い上がるシーンでは、
私まで心が軽くなって、笑顔になれました。

ハッピー感に包まれて、映画館を出ました。


[2019/02/25 14:05 ] | 映画、DVD、TV 、音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>