FC2ブログ
「リンネル」3月号にHSPの記事が・・・
先日「大人のおしゃれ手帖」に
バッチフラワーレメディーの記事が出ていたことを書きました。

その時、雑誌「リンネル」にも私の関心事が
載っていたと書いたので、
今日はそのお話です。精神医学系の話なので、
興味がない方は、とばしてね~

「リンネル」の特集は、
今年こそ、疲れない考え方という記事で、
5人に1人はいると言われている、
敏感すぎる人(HSP)の人のための記事です。


HSP2

HSPとはHIGHTLY SENSITIVE PERSONの略で、
普通の人より、敏感すぎて、日常生活でも
疲れやすさや生きづらさを感じやすい人を言います。

リンネルでは、簡単な診断チェックテストもついてるので、
自分もそうかもと思う方は、ご覧ください
私も全部が当てはまるわけではありませんが・・・

私は心理学を学ぶ中で、数年前から
自分がHSPだと気づきました。
「なんでこんなに人より敏感なんだろう?」
「なぜこんなに疲れやすいのか?」
「もっと鈍感な人になりたい」と思っていたし、

繊細ではない人から、「○○さんは神経質だから、気にしすぎなんじゃない?
みんなはそんなこと気にせず生きてるよ」とか言われると、
自分が悪いかのように思ってきました

敏感すぎて、苦手な場所があったり、疲れやすかったり、
ストレスがすぐ体調に出たり、周りの人の機嫌にふりまわされたり・・・・・

そんな自分が、ダメな人間だと思っていた時期もありましたが、
HSPだと知ってからは、
これは自分の持って生まれた特性だから、
自分が疲れるような状況から身を守りつつ、
プラスの面である豊かな感受性を活かす方向へと
考え方を変えました。


思えば、このブログだって、ピアノも絵本も
HSPである私ならではの物でしょう?

最近は書店に行けば、
HSP関連の本がたくさん並んでいます。
同じように悩んでる人がいるんだろうな~

HSP1

特に最近読んだ「繊細さん」の本は、
繊細さや敏感さの良い点を書いてくれていて、
おすすめです


他人よりアンテナがたくさん立ってる分、
いろいろ気がつきすぎて疲れてしまったり、
お薬に弱かったり、体調を崩しやすかったりするけれど、

その敏感さは、自分のまわりにある「いいもの」に気づき、
深く味わえたり、芸術に感動できたり、
人の気持ちがよくわかるため、人相手の仕事にも
向いているのです。

私も、この「繊細さん」の本を読んで、
自分の取り扱い方がよくわかり、自信がもてました。


もし、このブログを読んでる方や、子どもさんで
HSPの方がいたら、
ぜひこの本を読んで、自分の繊細さや敏感さを
責めることなく、そのままの自分が快適でいられる
仕事や環境を選んでほしいと思います。


今日は、メンタルヘルスのお話でした。

スポンサーサイト



[2019/01/27 14:30 ] | メンタルヘルス | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |