FC2ブログ
さくらももこさんが亡くなられて・・・
先日ちびまる子ちゃんの作家である、さくらももこさんが
亡くなられたと知り、かなりのショックでした。
まだ53歳ということで、ほぼ私と同年代。

彼女の代表作ちびまる子ちゃんは、TVで見ていましたが、
昭和の3世代家族のよくある日常が描かれていて、
主人公のまる子が、全然優等生じゃなくて、
愛すべきキャラだったのが、魅力でした。

今もTVは続いてますが、私はさくらももこさんのエッセイも
大好きでした。昔読んだのですが、もう一度読みたくなり、
図書館で3冊借りてきました。

さくらももこ

「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」の順番ですが、
なぜか3作目の「たいのおかしら」から読みたくなり、
昨日一気に読みました

さくらももこさんが28歳の時の作品ですが、今読んでも十分面白くて、
文章が軽快だし、読んでいて、はっきりと光景が目に浮かんで、
何度も噴き出して笑ってしまいました

読んでいて、ももこさんは本当にまる子そのものだった気がして、
そのユニークな視点や、妄想力や、ユーモアあふれるおしゃべりに
才能豊かな方だったんだな~と改めて感じました

ちょうど「たいのおかしら」の最後の「その後の話」の中で、
こんな記述がありました。

「私もいつかなくなる。あと50年かもしれないし、もっと早いかもしれない。
死ぬ可能性は次の瞬間にもある。今生きてることはあたりまえではなく、
可能性の高い偶然にすぎない。(中略)
死ぬ可能性を含む生きている時間を、私は本当に貴重だと思う」


28歳の時にこの言葉を書いていたももこさん。
周囲にガンのことは隠して、最後まで精力的にお仕事を
されていたと知り、すごい人だと思いました。

ももこさんが、亡くなった後に、私がまたこうして
遺されたエッセイを読んで、笑えていること・・・・・
本当に感謝したいです
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
[2018/08/31 12:04 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>