FC2ブログ
母の日の絵本
今日は母の日
5月に入ってから、デパートやイオンなんかに行くと、
「母の日」商戦が激しくて、昨日もガーデンーパークのお花屋さんが、
ここぞとばかりに、カーネーションのアレンジメントを並べていて、
ふだんは安いカーネーションが、結構高い値段で売られてました(笑)

なんだかね・・・・・・
日頃から、なにげなく電話で声を聴かせたり、
手紙を書いたり、顔を見せたりの方が嬉しいかな・・・

母の日の絵本といえば、グレイスの本棚からは、
『おかあさん げんきですか』ポプラ社 を選びます。


おかあさんげんきですか

主人公のぼくが、学校で母の日だからお母さんに手紙を
書きましょう!と言われ、気がすすまないながらも、
日ごろのお母さんに言いたいことを書くお話。

小学生の男の子から見たお母さんは、
口うるさくて、怖くて、文句がいっぱいあるけど、
話を読んでいくうちに、このお家は母一人子一人の家庭のようで、
なんやかんやいながら、子どもに一生懸命向き合って
頑張って育ててくれているお母さんの姿が描かれていて、
息子からお母さんへの愛情も感じられるのです。

ユーモアあふれる文章を読みながら、
ほろっと泣けてしまうのも、この絵本の魅力

お母さんと子どもの互いを想う気持ちは
特別なものがありますよね

今現在、お母さんを亡くされてしまった方も、
お子様を亡くされてしまった母親の方も、

寂しさはそのままに、天国にいる愛する人との
絆を信じて、心でつながっていると思いたいですね
スポンサーサイト



[2017/05/14 11:41 ] | 絵本紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |