FC2ブログ
昨日は「美女と野獣」を観てきました。
ゴールデンウィークは映画館も混むと思うので、
昨日は一足先に、「美女と野獣」を観てきました。

美女と野獣


字幕版と、吹き替え版があって、
洋画はできるだけ字幕と思っている私は、字幕版を観ました。
でも、見終わった後、ミュージカル映画で、ほとんどが
歌のシーンだから、この間の「SING」の時のように、
日本語で歌を聴いた方が、心に浸みたかな~と後悔しました


「美女と野獣」は、これまでにアニメと劇団四季のミュージカルで
2回観てきたので、今回は実写版映画で3回目。
さすがにストーリーも音楽も知っていたので、
新鮮な感動は、劇団四季を観た時の方が大きかったです

でも、映画ならではの、豪華な迫力ある映像や、
最後の野獣とガストンとの闘いのシーン。
きらびやかで美しい衣装やお城内部の様子、
召使たちが姿を変えられてしまった調度品などの動きは、
映画だからこそリアルに楽しめました

ベル役の、エマ・ワトソンも、自分をしっかりもった勇気ある
知的な女性に合っていたと思います。

2時間少しの、極めて非日常の世界
ラブストーリーなので、客層は若い女性や、
私年代のおばさまたちが多かったです。
終了後、まだ音楽が耳に残る中、
「王子様より、ガストンの方が男前やなかった?」という
中年のおばさまの声に、一瞬にして現実に引き戻される私

そうだったかな~王子様はなにしろ、最後に魔法がとけてから
短い間の登場だったから、インパクトは薄かったかな・・・・
優しそうな雰囲気だったけど。
ガストンは強烈だったから。私は、ガストンみたいな濃い顔は
苦手・・・知力より腕力というタイプにぴったりでした。

吹き替え版が、山崎育三郎や、岩崎宏美、島田歌穂など
聴きごたえありそうなので、吹き替え版にすればよかったです。

興味ある方は、観て来てね。
スポンサーサイト



[2017/04/23 12:10 ] | 映画、DVD、TV 、音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |