FC2ブログ
ピーターラビット展に行ってきました。
あいかわらず咳に悩まされてますが、こうなったら、
少しでも咳が止まっている間に、行きたいところへ行ってやろうと
先日から映画ばかり観に行ってました

家でいると、咳が出るのに、確実に空気が悪いはずの映画館では
出ず、今日も和歌山より確実に空気が悪いはずの梅田で
ほとんど咳は出ませんでした
何かに夢中になっている時や、気分が紛れている時は出ないという事実。
お医者様も原因不明の気管支喘息のようで、お手上げ状態です
精神的なものなら、もう開き直るしかありません。
なので、勇気を出して、出かけてきました

ピーターラビット展

結果、行ってきて本当に良かったです。
グランフロント大阪は初めてで、梅田も久しぶりなので、
もう何がどこにあるのやら・・・・完全な田舎者!
大阪に住む妹に、あらかじめファックスで詳しく行き方や
お昼を食べる場所まで書いてもらい、その紙をたよりに
行ってきました。

今回はビアトリクス・ポター生誕150周年記念ということで、
原画すべてが展示されていて、かなり見ごたえありました
ピーターラビットは、キャラクターとしては有名ですが、
そのお話やシリーズすべてを読んだ人はいないのでは?

私も1作目のピーターがマクレガーさんの畑に忍び込んで、
命からがら逃げだす話しか知りませんでした

会場では、他の作品の絵と、物語も紹介されていて、
初めて他のお話やキャラクターもわかりました。

そして、今回良かったのが、ディーン・フジオカさんの
音声ガイド。

彼の落ち着いた心地よい声に導かれて、
より深くピーターラビットの世界に入り込み、
時々入る彼の英語の朗読に聴きほれました。
英語で聴くと、より素敵でした

会場を見ること一時間くらい、
そのあと、おみやげコーナーがまた楽しくて、
人形からマグカップ、ノート、タオル、はんこ、ファイル
何から何までピーターづくし。
ご朱印帳まであって、さすがに驚きました。
ご朱印帳って・・・・・めちゃくちゃ和なんですけど。
ここまでくると、ちょっとやりすぎ!

私は買わなかったけど、図録が素敵な装丁の
本になっていて、これも良かったですよ

平日の11時に入ったので、それほど混んでなくて、
ゆっくりと一つ一つの作品を見ることができました。
湖水地方とビアトリクス・ポターの人生を紹介する
DVDも鑑賞できて、とても内容のある展示でした。

和歌山からでも、行く価値あります!
一つ一つの原画がとても小さいので、子どもは見にくいし、退屈かな?
大人の女性向きです。

スポンサーサイト



[2017/03/02 17:58 ] | おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |