FC2ブログ
美しい音楽の根底にあるのは・・・
寒いので、本と音楽とDVDに救われています
先日NHKのハートネットで紹介されていた西川悟平さん。

病気で指が動かなくなり、ピアニストとしては再起不能と言われていたのに、
超ポジティブ思考と、並大抵ではない努力で、七本指だけでピアノを奏で、
今では世界を回って演奏し、人々に感動を与えています
詳しくは西川さんの本『7本指のピアニスト』を読んでみてください

西川ピアニスト


番組で西川さんが弾くピアノを聴いた時、あまりの音の美しさに
鳥肌がたちました
一つ一つの音の響きが、うまくは言えないけれど、
とても美しくて、他とは違っている感じ。
なぜか聴いていたら、涙がぽろぽろこぼれてきました。

私は辻井さんのピアノを聴いても泣けるのですが、
同じ楽譜の同じ曲を弾いても、ピアニストによって、
こんなにも表現や音が違うのかと驚いてしまいます

きっと、西川さんが経験した絶望や苦しみ、そしてそこから
這い上がってきた努力や練習の日々が、
彼独自の音を生み出しているのでしょう。

ピアノの音に、弾く人の全人格的なものが現れるのだと思います。

ピアノだけでなく、絵でも、書道でも、やはり創作した人の
人格や人柄や個性が、意図してなくても勝手に出てしまいますよね。

繊細な人の絵は、繊細でやさしくて、
豪快な人の絵は、個性的で迫力あって、
そういう自分らしさは変えられないし、変える必要もないんだと
最近つくづく思うのです。

みんな、他の人になる必要はないし、それぞれが違うから
面白いってこと。

辻井さんのCDブックも買って、毎朝美しい音楽を
かけて、お掃除してま~す。

辻井ピアノ
スポンサーサイト



[2017/01/19 14:12 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |