FC2ブログ
NHKドラマ「富士ファミリー2017」を観て
昨夜、楽しみにしていた「富士ファミリー2017」を観ました
昨年も「富士ファミリー2016」を観て、笑って泣けて、とてもいいドラマだと思ったので

もともと私は木皿泉さんの作品が大好きで、
「すいか」のDVDも買いましたし、昨年は「昨夜のカレー明日のパン」のDVDも買って、
何度もみて泣きました。


さて、今回の富士ファミリーも、薬師丸ひろこさんや小泉今日子さん、片桐はいりさんら
俳優陣の演技のうまさに圧倒されました
一家が送る何気ない日常の中に起きる、ちょっとした出来事。
今回も笑いながらも、時々心に響くせりふに泣いてしまいました

なぜ、こんなに木皿作品の言葉は胸に響くのだろう?

小泉今日子さんと羽田さんのシーンも、
片桐はいりさんが戦時中を振り返るシーンも、
東出さんと大学教授のシーンも、
薬師丸さんとYOUのシーンも、
片桐さんが亡くなったなすみに、もう生まれ変わったのか?と
問いかけるシーンも・・・・

すべてが優しさと愛情に包まれているからだと感じました。

そう、木皿作品では、どんなダメな人間にも優しい視線が注がれ、
大丈夫、生きているだけでいいんだと思わせてくれます。
その優しさに泣けるのかな?

どんな人生でも正解なんだってセリフも・・・

エンディングに流れる薬師丸さんが歌う
ユーミンの「a Happy New Year]がとても合っていて
素敵でした



スポンサーサイト



[2017/01/04 11:50 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |