FC2ブログ
市民図書館での読み聞かせ
先日土曜日、市民図書館での読み聞かせボランティアの日でした
いつも赤ちゃんとその兄姉が多く、要するに0歳から3歳くらいの子供が
お客様なので、大人絵本専門の私としては、本選びが難しいです

ところが、今回集まってくれたのは、比較的大きい男の子たち4人と小さな女の子。
この男の子たちが、本が大好きみたいで、身を乗り出して
真剣に聴いてくれました

そして、紙芝居が終わると、「短すぎる~もっと長い話が聴きたい!」とか、
絵本を読んでると、感想や意見が出て、とても反応が良かったです。
きっとふだんから、お家で本を読んでもらっているんだろうな~

今の時代、お家の方仕事で忙しくて、絵本を読む時間をとるのは
大変かもしれませんが、大好きなお父さんやお母さんに、やさしい声で
絵本を読んでもらうひとときは、子どもにとって幸せな時間だと思います。
そして、本好きな子供は、やっぱり自分で考えて意見を言ったり、
ボキャブラリーや感情が豊かになる気がします

赤ちゃん用に準備していた『おつきさまって、どんなあじ?』を
急きょ変更
『パパ、おつきさまとって!』のしかけ絵本を読みました。
大人でもわくわくする仕掛け絵本。


パパおつきさまとって!1

1人の男の子が、表紙の絵を見て、「これって、はらぺこあおむしの人?」と
鋭い質問
「そうだよ、エリック・カールさんだよ。よく知ってるね」と私。

パパおつきさまとって2

お話が始まると、「そんな長いはしご、実際ないで~」とか、
「はしごがぐらぐらするから、横に支えがいるな」とか、
関西系のつっこみが入り、私も思わず笑ってしまいました。
楽しい読み聞かせの時間をありがとうございました

市民図書館は、毎月第一土曜日の14時半から30分です。
本を借りがてら、ちょこっと和室をのぞいてくださいね。
来月はベテランの読み手さん2人ですので、楽しみですよ。

スポンサーサイト



[2016/10/04 14:16 ] | 絵本紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |