FC2ブログ
笑えるエッセイ
昨日は本を読んでいました
人気料理ブロガー山本ゆりさんの新刊。
『syunkon カフェ雑記』扶桑社

山本ゆりさんはレシピ本『syunkonカフェごはん』シリーズがベストセラーで
有名ですが、私は彼女の料理本の中にあるエッセイの大ファンです

先日本屋さんで、そんな彼女のエッセイばかりを集めた新刊を見つけ、
ちらっと立ち読みしてたら、とっても共感できてにやにや笑ってしまい、
怪しいおばさんになる前に、買って家に持ち帰りました

カフェ雑記

大阪弁のノリのいい、まるでお笑いのトークを聞いているようなエッセイで、
日々の暮らしの中で、私たちも経験したり感じたりする小さな出来事を
面白おかしく書いているので、「そうそう、わかるわ~」って共感して
くすくす笑いながら読めます。落ち込んでるときに、気分がアップしますよ

例えば、毎年去年は裸で過ごしてたんかなと思うくらい、着る服がなくて
洋服を買いにいく話や、初めての美容室に行く話、
サンドイッチのサブウェイの話や冷蔵庫の中の大掃除の話など・・・
どれも誰もが経験したことじゃないのかな~?
気になる方は、本屋で立ち読みしてみてください。笑えます

そんなお笑い系のエッセイだけど、
第4章の「結局、人生って何があっても大丈夫」の章は、
意外にまじめで、読んでいてジーンと心に響く話もありました。


私のおすすめは、「やる気が出ない時の話」、
「人間いつだって何やってもいい」、
そして、「そこが終わりの地点じゃない」

明るく笑いながらも、ちょこっと人生について考えて、
元気をもらえる素敵なエッセイです

グレイスの本棚に置いたので、読みたい人は貸しますよ~
スポンサーサイト



[2015/10/14 06:50 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |