FC2ブログ
思いがけないお客様
昨日のチャレンジショップで、予想外の出来事が!
面白かったので、書きます

暇なお店に突然現れた2人の女の子。
聞けば、小学1年生と2年生の女の子だそうで、
絵本を読みたそうにお店に入ってきました。

「お母さんは?」と尋ねると、「お母さんたちはお仕事だから、絵本読みに来ました」と。

あらら~ここは大人のための絵本展だし、子供さんだけで大丈夫かな?・・・と
一瞬思ったけど、まあ本来絵本は子供のものだし、読みに来てくれたのは嬉しいので、
入ってもらいました。

そしたら、2人ともきちんと椅子にすわって、棚から読みたい本を持ってくるでは
ありませんか?2年生の女の子は、1人でじっくりと何冊も読みふけり、
1年生の人懐っこい少女の方は、自分ではあまり読めないのか、
私に読んでほしそうだったので、急きょ私は「読み聞かせのおばさん」になりました

読み聞かせ

喉が痛くて、いつもの声で読めなかったのが残念だけど、
夫がついたての向こうで聞いてたには、かなり上手だったらしく、
2人とも真剣に聞いてくれて、読み終わると「いい話やな~」と笑顔
ちゃんといい話はわかるんですね~嬉しくなりました賢い子たちだわ~

子連れの方が来られた場合に備えて、子供受けする楽しい絵本も
数冊持って行ってて良かったです

でも、2年生の子が最後に「つみきのいえ」を真剣に読んでる姿に驚きました。
意味わかってるのかな? 高尚な趣味!

後で夫曰く、「あの2年生の子、しっかり自分の意思あったし、将来
文学少女になりそう、絵理の子供の頃って
あんなんやったんちゃう?」

確かに何か昔の自分を見るようでした。
久しぶりに小さな子供に接したけど、ふだん自宅サロンでは味わえない
楽しさでした。子供に良い絵本を伝えていくのもいいな~
スポンサーサイト



[2015/08/25 20:47 ] | チャレンジショップ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>