FC2ブログ
秋の絵本紹介
昨日は絵本ギャラリーでした
グレイスには300冊もの絵本があります。
大人が楽しむ絵本というコンセプトでやってますので、
大人の方が読んで、いろいろと感じる上質な絵本を
置いています

忙しくてグレイスに足を運べない方のために、
時々ブログで絵本紹介もしています。
ブログのカテゴリ「絵本紹介」をクリックしてください。
これまで60冊ほど紹介しています。

また、私が書いたエッセイ「ねえ、読んでみて」と
「大人だって、絵本!」もよろしく!
市民図書館にはあるはずなので。

宣伝はこれくらいにして、まずは1冊紹介します。
有名な絵本ですが、「葉っぱのフレディー」(童話屋)
ちょうど今、和歌山城や三年坂の紅葉が美しく、
毎日眺めているので、この本。

一枚の葉っぱが生まれ、夏に成長し、秋に紅葉して、
やがて冬に枯れ落ちるまでの一生を描いています。
フレディーとともに、生きる喜びや悲しみ、不安を
感じ、人の一生について考えさせられます。

すべては移り行き、変わっていくということ。
いつか必ず訪れる死・・・
命について、生きることについて
あらためて考えたくなる一冊です。
今の季節に読んでほしいな。
スポンサーサイト
[2014/11/08 12:22 ] | 絵本紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |