FC2ブログ
雪の日に読みたい絵本
朝目が覚めて、窓の外を見たら、なんと真っ白の雪景色!
和歌山ではこんなの珍しいですよね。何十年ぶりかしら?
寒がりの私は、今日は家に引きこもって、絵本棚の
整理でもしましょう

しんしんと降り積もる雪を見ていたら、
次々と雪の絵本が思い浮かびました
せっかくなので、私が好きなものを4冊だけ紹介します。

『しんせつなともだち』福音館書店
昔からある絵本なので、ご存知の方も多いかも。
深い雪に閉ざされた日、見つけた貴重な食べ物を
友人宅に届ける動物たちのお話。
大切な食べ物を大切な人を思って分かちあう心が、
あたたかく優しい気持ちにしてくれます

『雪のかえりみち』岩崎書店
小学校低学年の男の子が、大雪のために学校が早く終わり、
1人で家に帰ることに。
寒さと心細さ、不安の中、街の人たちの優しさに触れ、
帰宅後は先に帰っていたお兄ちゃんが、せっせと世話を
してくれます。兄弟っていいな~と思わせる絵本

『三つのお願い』あかね書房
私の大好きな絵本です。
主人公の女の子は、3つの願いがかなう1セント玉を拾います。
なにを願おうか悩む女の子・・・そして自分にとって
一番大事なものに気づきます友達について考える本。

『もりのおくのおちゃかいへ』偕成社
これは絵が美しい本。
真っ白の雪に、黒い線と、真っ赤の帽子が映えます。
モノトーンの静かな幻想的な世界が広がり、
一瞬現実を忘れ、物語の世界に引き込まれます。

以上、大人も子供も一緒に楽しめる絵本ですよ
現物の絵本が手元になくて、記憶をたよりに思いだしつつ
コメントしたので、内容が違ってたらごめんなさい~

寒い寒い日は、本を読んだり、
誰かを思って手紙を書く日にしませんか?


スポンサーサイト
[2014/02/14 12:00 ] | 絵本紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |