FC2ブログ
 

50代から本来の自分へ  ~私らしく ありのままに~

ブローチで色を楽しむ

昨日こりすカフェさんに行ったとき、
可愛い鳥のブローチに出会いました。
ブルーとピンクがあって、どちらか選べず、
2色とも買いました

鳥のブローチ

まるで絵本に出てきそうな、きれいなブローチ。
ブルーの方は黒や白のセーターに似合うし、
ピンクの方は、グレーのセーターにのせると、
とても引き立ちました

カラーボトルセラピストとして活動する中で、
色を身に着けるようになってきました。
以前は黒や紺が好きだったけど、この年齢になると、
顔がくすむし、元気がなく老けて見えるので、
極力明るい色を着るようにしています

セーターが地味な定番色でも、明るい色のブローチを
つけると、ぱっと華やいで、心がうきうきします
色の持つ効果ってすごいです!

写真にあるのは、鳥ブローチとコーヒーカップのブローチ。
いくつになっても、可愛くて美しいもの大好きです。

さて、ブローチで思い出した絵本も紹介しますね。
『BROOCH』リトルモア出版

ブローチ本

まさに大人のためのおしゃれな絵本。
ページが薄いトレーシングペーパーみたいなので、
めくるときに破れそうで、緊張する本です

繊細な絵と、散文詩のような言葉たち。

解釈は読む人それぞれでしょうが、気になるフレーズが
いくつかありました。

「誰が何人まわりにいようと たったひとりの孤独」

「足りないことを数えすぎて 満ちているいまを 
忘れてしまわないように」

文は 内田 也哉子さんです。

スポンサーサイト



PageTop