FC2ブログ
 

50代から自由な自分へ  ~私らしく ありのままに~

居心地のいい場所に身を置く

コロナに続き、各地の豪雨災害のニュースを見て、どうしても気分が沈んでしまいます。

被災された方、大切な家族を亡くされた方、本当にお気持ちを想像すると、かける言葉が見つかりません。

そんな日々のせいか、低血圧がひどくて、体調も崩し気味

今日は気分転換に、久しぶりに紀の川市桃山町の「カフェムロ」さんに行ってきました。(ローカルな話題ですみません)

muro1

オーナーのムロママさんとは、グレイスで絵本の会をやっていた時からのおつきあい。

でもここ数年お店には行けてなくて、今日は本当に久しぶりでした。

コロナ対策でいろいろと模様替えもされていましたが、いつも変わらぬムロママさんの優しい笑顔と

心のこもったおいしいランチと、あたたかな心遣いとおしゃべりに、

心が少しずつ癒されていきました

高台に建つログハウスなので、窓からは緑がいっぱい。
晴れていたら、表のテラス席から、街が一望できます。

その写真をとればよかった・・・・

muro4

muro3

とても静かで落ち着いた空間で、穏やかな気分になりました。

自分が出かける場所や身をおく場所って大事だと思います

波動や気が合う場所というか、そこに行くと安心できたり、ほっとしたり、気分が上がったりする場所・・・・

そういう場所があって良かったと、心から感謝しました。

帰りにいただいた小さな貝殻のお守り、希望の種をいただいたようで嬉しかったです






スポンサーサイト



PageTop

「カフェ ノスタルジア」さんに行く

今日は満月、古いものを手放し、新しい自分へと変わっていく日

これまでよく行っていた場所やお店より、今は新しいお店に行きたい気分です

グレイスのお客様に教えていただいた「カフェ ノスタルジア」
かなり前に一度行きましたが、急に昨日行きたくなりました。


開店と同時に入店。まだお客様も少しでしたので、1階に座席をとりつつ、2階の様子も撮影させていただきました

ノスタルジア1

ノスタルジア3

ノスタルジア2

店名のノスタルジアがぴったりの、レトロでおしゃれな空間。アンティーク家具とインテリアで、神戸の古い洋館を思わせる雰囲気でした 2階に上がった瞬間、わあってテンション上がりました。非日常です。

人気店なので、あっというまに1階は満席になりましたが、2階はゆっくり落ち着けそうです。

ランチがてらだったので、スフレパンケーキ(1段から3段まで選べます)1段と、ツナのホットサンドとドリンクを注文。

ノスタルジア4

スフレパンケーキは注文してから30分ほどかけて、作ってくださるので、お時間余裕がある時に。

私たちは、本を読んだり写真を撮ったりで忙しかったので、待つのは全然平気でした。

ホットサンドも美味しいし、スフレパンケーキはふわっふわっの食感で、こちらも美味!生クリームとメイプルシロップをかけます。
他にもいろいろトッピングを追加注文できます。

前回お邪魔したときの、季節のケーキも美味しかったし、本棚にちょっと素敵な本も見つけたので、
また来たいな~と思いました。

ランプの明かりって、心が落ち着きますね。


しばらくは、ゆっくり休養しながら、心のおもむくままに過ごしていきます。

PageTop

「和歌浦芸術区」に行ってきました。

今日はピアノの生徒さんから教えていただいた「和歌浦芸術区」という、ちょっと変わった美術館に行ってきました。

場所は新和歌浦。元旅館の一部を改装した、かなり大きなスペースに、オーナーさんが個人で所有している世界の名画の模写作品を展示していました。

芸術区1

誰もが知っている、教科書にも出てくるような超有名な絵画ばかり
例えば、「モナリザ」「最後の晩餐」「真珠の耳飾りの少女」「落穂ひろい」「民衆を導く自由の女神」「夜警」など・・・・・

芸術区2

芸術区3

ゴッホとか、モネとか、ミレー、クリムト、レンブラントなど有名な画家さんの作品1点ずつ。

すべて模写ではありますが、おなじみの絵なので、充分見て楽しいです

たまたま雨の平日で、お客さんが私たち夫婦だけだったので、オーナーの男性ともお話しできました。

「元美術の先生ですか?」と私が訊いたら、そうではなくて、歴史が大好きで西洋美術史に詳しく、趣味でこの美術館を
されているようです。びっくり!

展示されている絵画がルネサンス時代からバロック、ロココ、印象派へと丁寧なわかりやすい解説とともに並んでいるので、
本当に簡単にさらっとではありますが、西洋美術史を学べる感じ。

絵を鑑賞したあとは、和歌浦が一望できる大きな窓のある広いお部屋で、ゆっくりコーヒーを飲んだりできます。

こちらも誰もいなかったので、コロナも気にせず、夫婦でただ海を眺めて、ひたすらぼーっとしてきました

それにしても、こんな不思議な空間があるなんて、生徒さんに教えてもらうまで全然知りませんでした。


絵が好きで、海が好きで、ちょっと現実から離れて、のんびりしたい時にいかがでしょうか?



PageTop

新市民図書館に行ってきました!

先週オープンした南海和歌山市駅に完成した市民図書館に行ってきました。

新市民図書館

最初だから混んでるかな~と先延ばしするつもりが、友人が一緒に行こうと誘ってくれたので、
おしゃべりがてら楽しんできましたので、リポートします!

今日は大雨の平日にしては、たくさん人が来てました。
みんな文化的なものに飢えてるからね~

南海和歌山市駅ビルに新設された市民図書館。
一階は蔦屋書店とスタバが入っていて、座席も多く、スタバのドリンクを飲みながら売っている本を読むこともできます。


書店の一角に、おしゃれな雑貨も少し。それと和歌山の特産品(みかんや梅をつかったもの)銘菓などの売り場も。
県外の人のおみやげにぴったりの、ちょっと上質なお土産品が選ばれていました。

エスカレーターで、2階へ。
ここは、一般書。エッセイや文芸作品や、趣味実用の本まで。ジャンルごとにかなりの蔵書数です

窓辺にテーブルやカウンターテーブルが配置され、外の景色を眺めながら読書できて、雰囲気もとてもおしゃれ


自習室も、かなり広々して贅沢な空間で、北側の窓からは紀ノ川の景色が。

学生さんたちが黙々と勉強していましたが、静かですし、ここならとても集中できて、勉強はかどりそうでした。

3階は、専門書。ここにも学習室がありました。

そして4階は子供のための児童書や絵本。ピラミッド状に並べられた絵本や、キッズルームもあり、
もぐもぐコーナーでは、親子連れがお弁当などを持ち込んで食べていいようです。


4階は子供が大人に遠慮することなく、楽しく過ごせる雰囲気でした。

今日は大雨だったので上がりませんでしたが、屋上もあるそうです。

想像していた以上に、立派で、広くて内容も充実していて、すわる場所もたくさんあって・・・・・

本屋さんと図書館が両方あるので、使い分けできそうですし、半日くらいここで楽しくすごせると思いました
コロナ自粛以降、久しぶりにワクワクしました。


わざわざ大阪の大きな本屋さんに行く必要もなくなりそうです。

隣接するキーノという飲食店街もあるので、活気がなかった和歌山市駅も、生まれ変わった感じです。

ほんと、以前の和歌山市駅は、降り立った時、あまりにも何もなくて悲しかったものね

本好きな私にとっては、最高の場所ができました。たくさん利用して、使いこなそうと思います。

PageTop

「白石貴士 こころの風景展」

昨日は予定がなかったので、久しぶりに一人でお出かけ

近鉄百貨店に行ったのですが、平日のせいか、コロナ以降のためか、人が少なかったです。

なにげなく5階の画廊をのぞいたら、明るいアクリル画の展覧会をやっていました。
作家さんも在廊中。

白石貴士

青い空と白い雲、そして木々の緑!コロナ生活でどんよりしていた心がすかっとするような、まさに気が晴れる作品でした

アクリル絵の具のはっきりした色彩と、ちょっとファンタジーっぽい世界観。

とにかくどの作品も空がきれいで、開放感があって、見ていて気持ちよかったです。深呼吸できる感じ。

どこかジブリ映画をおもわせるような作品も。

私は絵本が好きだから、絵本になってもいい感じだと思いました。

外出自粛が続いて、ステイホームにも慣れたけど、やっぱりこうして外に出て、芸術や文化的なものに触れるって大事です

パサパサに乾いた心が、満たされていく気がします。

コロナのせいで、音楽イベントや映画や舞台、美術鑑賞など・・・・そういったものが生活から失われて、
あらためて、人間にとって、そういうものが生活の彩であり、楽しみなのだと思いました。

少しずつ解除されて、また生で触れる機会が増えていくといいな~

白石さんの作品は、インスタグラムでも見れますし、HPなどもありました。

近鉄画廊では今日までなので、見逃した方は、SNSで作品をご覧ください。

心がぱあっと明るく、開放感あふれる作品です。空と海と雲と、ブルーとグリーンの色はリフレッシュの色ですから。

PageTop