FC2ブログ
出会いのタイミング
連日台風の甚大な被害をTVで目にすると
のんきにブログなんか書いてていいのかな?と迷いもあります

でも、あんなにあっけなく、日常が奪われる時代。
私は私の日常をしっかり生きなくてはと思います。

ちょうど関西も一日だけ台風で外出できなかった日、
友人がすすめてくれたDVD「めがね」を自宅鑑賞しました。

「かもめ食堂」が大好きな私ですが、
かなり昔に「めがね」を観たときは、なんだかせりふも少ないし、
海しかない宿で、携帯もTVも観光地もなく、
ただぼーっと過ごすなんて、退屈だわ~とあまり共感できませんでした。

でも今回観たときは。主人公の小林聡美が(たぶん何もしないのが
苦手なタイプできっちりした人)
ぼうっと海を眺めたり、同じ宿に集まった風変わりな人たちと
触れ合う中で、重い鎧を脱ぎ捨て、心がほぐれていくのがわかりました


私も海辺で毎朝行われる体操に、参加したくなりました

そして、最後のエンディングソング、大貫妙子が歌う「めがね」に
心が洗われる気がしました。

興味ある方は、ユーチューブで聴いてみてね。癒しのヴォイスです。

全く同じ映画なのに、自分の年齢や置かれてる状況や心の状態によって、
こんなにも感じ方が変わるのですね

絵本もそういうことはあるのですが、今回は「めがね」を観て
思いました。


本でも映画でも訪れる場所や、そして人でも
自分がそれに出会うタイミングってあると思います。


今、出会うべくして出会う・・・・・
出会う必要のある時に、
出会うべき人やモノと出会うようで、
焦って探し回らなくても、大丈夫な気がしてきました。
スポンサーサイト



[2019/10/15 12:16 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
小鳥ぽんぽんに悪戦苦闘!
少し前に、友人と立ち寄った書店で、
小鳥ぽんぽんの可愛いキットを発見!

友人が子供さんと一緒に2羽とも作ったと聞いて、
私にもできるかな?と衝動買いしてしまいました。

鳥ポンポン文鳥箱

帰宅後、箱を開けて、中身や作り方の説明書をさっと見たら、
なんだか手順も何段階もあるし、難しそうで、頭痛が・・・・
私は手芸や手で何か作り出すことが、とっても苦手なのを
思い出し、箱にすべてを戻して放置

しばらくして、友人が「そろそろ完成しましたか?」と
メールをくれたので、正直に、「私には無理!作る気になれません。

家まで教えに来てください」と返信。

心優しい友人は、わざわざ先日教えに来てくれました。

その日は、頭と胴体を作って、つなげるだけで疲れて終了。
あとは楽しくおしゃべり。

翌日、このまま放置しては友人にも申し訳ないし、
自分も納得できず、悪戦苦闘してなんとか仕上げました。


本当は脚も針金でつけますが、脚がなくても
お皿にちょこんとのせたら可愛いので、そのままで


途中、得体のしれないものが出来上がりそうになり、
大変でしたが、雪だるまのような、鏡餅のような
私なりの白文鳥が出来上がりました!


鳥ポンポン文鳥1

t

鳥ポンポン文鳥3

みなさん、これは白文鳥ですよ!
名前を大福とつけて、テーブルに飾ってます。
自分で作ると、愛着がわきます


でも、やっぱり私は手作り向いてないと実感しました。

教えに来てくれた友人に、本当に感謝です!
こんな感じになりましたよ

ありがとうね
[2019/10/04 11:15 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
気になっていたことを習いに
今日は雨、少し気温も下がりましたね。
9月末から昨日までの、残暑の厳しさと言ったら!!

もう10月なのに冷房かけっぱなしでいたので、体にこたえます。

そんな中、以前から気になっていたこと2つを
体験することができました。


一つはノルディックウォーキング。
腰を痛めてから、歩くのも怖くなって、このままじゃ
足腰が弱っていくばかりだと、ノルディックウォーキングを検索。

すると、3日後にビッグ愛で、1日講習会があると知りました!
こんなタイミングはめったにないことなので、
夫婦で申し込み。
当日欠席の方がいらして、なんと夫婦二人で
先生にマンツーマン指導を受けられました。ラッキーでした

私は腰痛があるので、小さな歩幅で、とりあえず歩く恐怖を
とりのぞく指導。夫は一般的な歩き方を習いましたが、
スティックを持っての慣れない歩きに、一苦労。
頭で考えると、ぎくしゃくしてロボットみたいになります


楽しく笑いながらのレッスンでした
杖をつくには早いし、スティックを持って、ゆっくり体力を
つけていきたいです。

もう一つは、笑いヨガ。これは次回のブログで。

[2019/10/03 12:06 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
可愛くて、おいしいもの
昨夜サプライズの届け物がありました

大阪在住の義兄夫婦が、お彼岸で帰省していて、
わざわざ私にお菓子の差し入れ

松竹堂さんのフルーツ餅。
箱を開けると、思わずにっこり!
ハロウィーンのフルーツ餅。
(えっ、もうハロウィーン? 確か10月末だよね。
最近の商戦は一か月前から始まるのね・・・)

ハロウィン大福

見た目は可愛いけど、お味はどうかな~と思ったら、
中身はそれぞれメロンや桃、ブドウなど、
旬のフルーツが入っていて、見た目よりあっさりしていて
美味しかったです

インスタ映えしそう! インスタやってないけどね

わざわざ届けてくださった気持ちが
ありがたかったです。

昨日は、友人が庭で育てたお花を届けてくれたり、
優しい気持ちに感謝の一日でした
[2019/09/23 14:21 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
年の差フレンズ
先日書店をうろうろしてたら、ある雑誌の表紙に
「年の差フレンズ」って言葉が。

急いでいたので、中身は見ずに帰ってきましたが、
私には、年の差フレンズがいるな~と
嬉しくなりました

一人は15歳下の友人で、いつも私に楽しい情報や
わくわくする気持ちを分けてくれます。
もともとは絵本好きでつながりました。

好きなものや価値観が似ていて、
一緒にいて楽しいので、年齢は気になりません。
あっ、向こうは体調の悪い私を
いたわり、気遣ってくれますが(笑)

そして、もう一人は、私のピアノの生徒さん。
私のピアノ教室は、基本60歳以上の初心者さん限定なのですが、
その中でもう数年通ってきてくださってる方がいます。

70歳を超えたとは聞いてたけど、先日あらためて74歳だ
と知って、びっくり!!


生徒さんは、友達にしてはいけないのでしょうが、
この方は、特に気が合って、私にとってはお友達のような、
母親代理のような・・・話していて楽しいです。
人生の先輩として、いろんなことを
話して学ぶことも多いです。
元気で前向きな姿に、励まされます。


同年代の友人も、同じ50代として共感できるけど、
年の離れた友人も、違った世界を教えてくれる
大切な有難い存在です

大人になったら、もう年齢なんて関係ないです。
好きなものや考え方が一緒なら。

むしろ、ただ同じ年に生まれたってだけで、
同じ教室に詰め込まれていた学校は、

今思えば、しんどかったな~
[2019/08/29 17:11 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>