NHKドラマ「ブランケット・キャッツ」が始まりました。
NHKドラマ「ツバキ文具店」が終わってしまい、
ツバキ文具店ロスに陥っていましたが(笑)
続けて始まった「ブランケット・キャッツ」も
金曜日に初回が始まり、なかなかいい感じです。


原作は重松清さんで、主演は私が好きな西島秀俊さん。
吉瀬美智子さんも出演。

もともと犬派で、猫はちょっと苦手だな~と思っていましたが、
最近「猫には人を癒す力がすごくある」という内容の本を読んで、
興味を持ちました

ストーリーを簡単にまとめると、
家具職人の西島秀俊さんは、2年ほど前に奥さんを
交通事故で亡くしました。子供はいないみたいです。
奥さんが遺していったのは、七匹のネコたち。

その猫たちの引き取り先を見つけようとする中、
初回では認知症の祖母のために、
以前飼っていた猫とそっくりな一匹をゆずってほしいと
いう女性が現れます。

西島さんは、とりあえず2泊3日のお試し期間をもうけて、
猫を貸し出すのですが・・・・・

まだ一回しか見てませんが、これは猫をとおして、
その猫を借りた家族の物語だと思います。

猫を借りた家族がかかえる問題、
家族とは何か?を描く中で、猫を貸すことで
いやおうなくその家族と関わる西島さんが、
奥さんの死から立ち直っていく様子も描かれていくのかな?
(あくまでも私の予想ですが)
第一話は、家族の優しさと温かさと
認知症のせつなさに泣いてしまいました

最近年のせいか、感情移入して泣いてばかりです・・・
でも悲しいお話じゃなくて、温かなお話ですよ
ちょっと猫さんの魅力にも気づきました

次回も楽しみです

これは、グレイスの本棚から、私が好きな猫さん絵本2冊です。
猫さん絵本
スポンサーサイト
[2017/06/25 11:37 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
小林麻央さんの訃報に
昨日は、小林麻央さんの訃報を知り、ショックで一日
調子を崩していました。

私はずっと彼女の闘病ブログを拝見していて、
辛い闘病生活の中でも、一日一日を前向きに
明るく希望を捨てずに生きようとする姿に
励まされ、勇気をいただいていました。

優しくて愛にあふれ、自分のことよりも
周囲を大切に想う麻央さん、
同じ病と闘う方だけでなく、今人生で
辛くしんどい時期を過ごされている多くの方に、
すばらしい影響を与えていたと思います。

海老蔵さんの会見も立派だったし、
遺された幼い子供さんたちのことや
ご家族のことを思うと、本当にやりきれなくて、
神様は残酷だと思ってしまいました。

私は単なるブログの一読者にすぎませんが、
彼女の遺した物は大きいと思います。
麻央さんに、ありがとうと言いたいです。
ご冥福をお祈りいたします・・・・

昨日はそんな感じで、ひどく落ち込んでしまったので、
今日は二つのギャラリーに行ってきました。

「たんざく展」と「吹きガラス色工房展」
ギャラリー


七夕にちなんで、いろんな作家さんたちが、
短冊型の作品を展示したものと、
2人の女性作家さんによる、ガラスの器展。

特にガラスの方は、見た目が清涼感あふれ、
色も美しくて、沈んだ心に光を与えてくれました。

麻央さんが、苦しい闘病生活の中でも、
日常の輝きや楽しみを綴って下さったこと。
「皆様にも、今日、笑顔になれることがありますように」
いう最後の言葉を、しっかりと胸に刻んでいきたいと思います。
[2017/06/24 15:38 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
羊毛フェルト初体験!
少し前のブログで、私の妹が羊毛フェルトで作った
ホーランドロップウサギの福ちゃん人形を
プレゼントしてくれた話を書きました

妹はロップウサギのアンバーくんを飼っていて、
今や熱烈なウサギマニアと化し、羊毛フェルトで
次々とウサギの人形を作っています

手先が器用な妹と違い、この50年間、
手芸とは縁のない人生を送ってきた私ですが、
犬を作ってみたいな~と妹に相談。

あらかじめ材料がセットになっている
初心者のキットなら作れるかも・・・・と
ハマナカ手芸の羊毛フェルト人形キットを使って、
ミニチュアダックスに挑戦しました

ミニチュアダックス1

先日から2回、妹に来てもらったりして、
昨日完成しました

初めてにしては、可愛くできたと思います
半分は私がしゃべっている間に、
妹がせっせとチクチクして作成。
ほぼ妹の作品かもしれませんが
でも自分でもチクチクしたので、完成して
嬉しいです!
なにより楽しかったし。

グレイスに可愛い2匹が来てくれました。
毎日ながめて、癒されてます

ミニチュアダックス2


本当は以前飼っていたコーギー犬を
作りたいのですが、難易度が高いので
いつになるやら・・・・・
[2017/06/22 11:28 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
ダイワロイネットホテルの占い、雑貨、食べ物マーケット
昨日は何にも予定がなかったので、
近くのホテルで開催のマルシェdeモンティをのぞいてきました

今回は2回目ということで、
おいしい食べ物や雑貨以外に、占いフェアをやっていて、
手相から、タロット、占星術から、よく知らないものまで、
いろいろな占いをちょこっと体験できる場でした。
こういうのは、気軽に体験できていいですよね

お知り合いの方が、数名参加されていたので、
それぞれのブースに立ち寄っておしゃべりしながら、
占いもちょこっとしてもらいました。

占いが苦手な方も多いですが、
周囲の声を聴いていると、結局自分の悩みを誰かに聴いてもらいたいわけで、
どうしたらいいかの答えは、本人がすでに決めているんですよね。

どうしたらいいか、というよりは、どうしたいかで、
それは本人にしかわからないし、ただ占い師さんに自分が
望んでいた答えを言ってもらって、より確信したかったり、
背中を押してもらいたかったりするのかな?

私もちょっとした気づきがありました

私は不安や恐れをあおるような占いは嫌いです!
引き寄せ力と思い込みが強いので、悪いことは
思わないようにしないと。

占いを受けたことがきっかけで、
前向きに一歩踏み出せるようなものがいいな~と
あらためて思いました。自分の心の声を大切に

ちなみに、私がグレイスでやっている数秘は占い、
カラーボトルは占いではなくて、心理カウンセリングです。




[2017/06/19 11:27 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
シニアのピアノレッスン
今週は、新しいピアノの生徒さんが2名来られて、
60代に入って、生まれて初めてのピアノに
ドキドキのレッスンでした

私はシニアの方で、全くピアノ経験のない方に、
マンツーマンでレッスンしています。

もともと中高生に受験英語を教えていた私が、
今こうして、シニアの方数名に、ピアノを教えているなんて・・・
人生ってわかりませんね

自分が体調不良の時に、ピアノを弾いていると楽しかったのと、
母親の認知症予防に、母親のためにと始めたことが、
今はほんの数名の方たちにですが、
お役にたてて、何が幸いするかわかりません。

全く弾けない方が、だんだんと両手で弾くことに慣れて、
曲が弾けると、私まで嬉しいです

生徒さんそれぞれに忙しい生活がありますから、
無理なく、楽しく続けてほしいな~と思います。

そんな生徒さんに向けて、絵本を一冊紹介!
「こころのおと」ピーター・レイノルズ作


こころのおと



一生懸命譜面通りに弾いて上手になっても、
ピアノが楽しくなくなってしまった少年。

始めたころの、自由に楽しく弾いていた時の
音が、彼の本当の心の音だったという絵本です。

60代から、新しいことに挑戦する
生徒さんのパワーに、刺激をもらっています

[2017/06/15 11:08 ] | ピアノレッスン | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>