FC2ブログ
 

50代から本来の自分へ  ~私らしく ありのままに~

しゃべること、聴いてもらうこと

足首の捻挫が思うように治らず、一人で外出できない状態が続いています

骨折もヒビも入ってないから、すぐ治ると思っていたら・・・・・家の中をうろうろ移動したり、不自由。

ピアノレッスンの生徒さんが自宅に来てくださることが、本当にありがたく、買い出しなども夫頼み。

今の私は、他人の手を借りることを学んでいるようです

そんな中、私がSOSを求めたら、都合があった友人の一人がおしゃべり相手に来てくれました。

これもまた、本当にありがたくて、嬉しかったです

おしゃべりしている間は、痛みも忘れ、笑って、楽しく時間が過ぎました。

困ったとき、一人で抱え込まないで、誰か信頼できる人に話を聴いてもらうことが大事だと思います

ただ聴いてもらうだけで、少しでも気持ちが楽になることがあるし、自分一人の考えの闇にはまっていくことも止められます。

この時期、自ら命を絶つ人も増える季節・・・・・・私はたかが捻挫ですが、それでも孤独な時、寂しい時、一人ではもう無理だと思った時、どうか誰か周りの人に助けを求める勇気を持ってほしい!と、そんなことも思った一日でした。

スポンサーサイト



PageTop

本「もっと自分を愛してごらん」

昨日四季の郷公園にランチに行って、帰ろうとしたら目の前に雑貨屋さんを見つけました。

Bird of passage というお店。開店当初、もうかなり前に一度だけ来たことがある店。

夫が気づいて、せっかくここまで来たのだからと、すうっと導かれるように店内へ。

一階が雑貨で、2階がカフェやイベントスペースのようです。雑貨を見て行くと、店の一角に古本が売られていました

以前来たときは、古本はなかったな~と思いつつ、どんな本があるのか見ると、一冊の正方形の可愛い本が。

タイトルの「もっと自分を愛してごらん」という言葉が、今の自分にヒットして、しかも水色の表紙にひかれて手に取りました

もっと自分を愛してごらん

海外の翻訳本です。52歳で突然亡くなったお母さんが、その時々でメモしてきた言葉を娘さんが集めたもの。

左ページにお母さんの手書きのメモ。右ページがその翻訳文。

すべて、自分を愛してみたら、こんなふうになったという言葉が綴られています。

ちょうど今の私は自分を愛する人生への過渡期なので、そうそうとうなずきながら読みました。

自分を愛したら、とても気持ちが楽になって、心に平和が訪れる気がします。

人と比べなくなるし、競争しなくていいし、人にどう思われようと気にならなくなるし、無理に何かを頑張らなくなる、

本当に自分が好きなことを、自分と気が合う人と、自分のペースで生きられる。

スケジュールを無理にうめこまなくても、のんびりできるようにもなってきました。

これはまさにタイムリーな本との出会いでした心のバイブルにします



PageTop

「四季の郷公園」の「火の食堂」

8月末に右足首をぐきっと捻挫して、最初自分で湿布して、その後養生しながらも日常生活を送っていました。

それが3週間たっても歩くと痛くて、足首をかばうから、以前からの持病の腰痛も出てきて、「さすがにこれはおかしいな~」と
整形外科へ。

レントゲンで骨折やひびはないとわかりましたが、靭帯を痛めているらしく、湿布とサポーターで固定して、安静に!と言われましたその他、老化による骨の変形とか、怖いことも言われたけど、とりあえずそれは無視。

完治するまで2週間と言われ、がっかりたかが捻挫とあなどらず、痛めたときにすぐ病院に行って、対処しておけば治りも早いそうです。もし捻挫になった時のために、参考にしてくださいね。

それにしても、今年はコロナ自粛に始まり、今月も捻挫で動けないなんて・・・・・落ち込むわ~

先生は安静と言うけど、家の中で家事するくらいはいいと思うし、平日は外出できないので、せめて連休で夫がいる間は、
車で出かけて、おいしいもの食べて、気晴らししようと思いました

前置き長くなりましたが、そんなわけで足にサポーター巻いて、「四季の郷公園」に新しくできたというレストラン「火の食堂」へ。

歩けないので、そこでランチするのだけが目的。それでも新しい場所へ行くのはワクワクします

連休初日でしたが、それほど並ばず、しかもとてもいい席に案内されました。ツイテル!

選んだのは、和歌山の特産物、梅や醤油や金山寺みそなどを活かした「四季の定食」です。

火の食堂1

レストラン入り口に、絵のイラストもありました。ごま豆腐や豚の角煮など、おかずが数品。美味しかったですよ。

火の食堂2

調べてみると、有名な料理研究家、飯島奈美さんがプロデュースしたみたいです。

そこをもっとアピールすればいいのに。

レストランは天井が高く、テーブル中央にまっすぐにのびる木が印象的。

火の食堂3

帰りは隣の和歌山の物産品を集めたお店で、ちょこっと買い物、楽しめました。

心と体はつながっているから、安静も大事だけど、心が楽しければ回復も早いと信じてみます。

PageTop

カラーボトルセラピーやりました

今日は新月の日。それに合わせて、久しぶりにカラーボトルセラピーのお客様が来てくださいました

カラーボトル20200917

以前2回ほど受けていただいて、お会いするのは1年ぶりくらい。

私も今年はコロナの時代に入って、インスタの絵本紹介とピアノレッスンばかりになってしまい、
セラピーの方は本当に久しぶりで、この機会を与えてくださったお客様には本当に感謝です

自分の中で、今年はこれに力をいれてやりたいというのがあるのですが、最近またお休みしていたセラピーを再開したい気持ちがわいてきていました。

でも、体調の波があったり、自分がエネルギー満タン状態じゃないとできないとか、いろいろ考えてしまって、(このへん私はまだ変われてませんね)

ただ、「またセラピー系をやりたいから、数秘でもカラーボトルでも、私を必要としてくださる方がいたら、連れてきてください!」って天に願いは放ってました

こういうのって、本当にタイミングですね。たまたま今日、新月の日に来てくださって、お話してくださった内容も、
とても前向きで私が聴いてもわくわくできて、選ばれたカラーボトルがまさに、その気持ちを表していて、とてもスムーズにできました。

私も、以前に比べて、力まずに自然体でできた気がします。

そして、やっぱりこういう時間が大好きで、これからもやっていきたいんだと思えました。

頭で考えてしまうと、やめそうになったり、できないように思えるけど、やってみないと分からないですね。

やりたいという気持ちがあれば、やっぱりやってみた方がいいと思う。


失敗も含めて、何もやらないよりは、やっただけのことはあるし、気づけることも学びもあるから。

PageTop

本「きらきら眼鏡」を読む

先日紹介した「森沢カフェ」の作者さんの小説も読んでみたくて、タイトルにひかれて「きらきら眼鏡」を借りてきました

こんなに長い小説を読むのは久しぶり。でも会話が多いのと、やさしくて読みやすい文章なので、すうっと読めました。

内容は、大切な人を亡くすとか、過去につらい経験をした人なら、共感できるかもしれません。

なので、読む人によって評価はそれぞれだと思います。今回私が書きたいのは2つのこと。

本の中で登場する言葉にひかれたので、それを紹介します。

「自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。他に何ができる?」って言葉。

厳しいようだけど、確かにそれしかないな~と思いました。

そして二つ目は、タイトルにもなってる「きらきら眼鏡」という言葉

これも簡単に言うと、ふだん当たり前だと思っていることも、失ってみるといかに大切か思い知らされる。

だから、ふだんからどんなにささやかなことにでも、「きらきら眼鏡」をかけたつもりで、小さな幸せや喜びをひろっていこうということ

久しぶりの小説でしたが、この二つを心にとどめておきたいと思いました


そういえば、大好きな「ツバキ文具店」という小説にも、「悲しい時や辛い時は、きらきらって唱えてみるの」というせりふがあったような・・・・

きらきら、キラキラ、きらきら、キラキラ・・・・魔法の言葉ですね。

PageTop